福岡・博多でインプラントならワンデイスマイルインプラント総合クリニック

インプラント治療後に発生する口臭の原因は?<br>理解して定期検診でメンテナンスを

個別インプラント相談(初回無料:CT検査含む)実施中

カウンセリング予約
0120-130-218

電話受付対応 8:00〜20:00(月〜日)

〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東1-13-17松岡ビル4F

インプラント治療後に発生する口臭の原因は?
理解して定期検診でメンテナンスを

インプラント治療後に発生する口臭の原因は?
理解して定期検診でメンテナンスを

インプラント治療後に発生する口臭の原因は?

せっかくインプラント治療を行って見た目が美しくなっても、口臭が気になると口を開きたくなくなりますよね。口臭は自身では気づきにくいですが、周囲は意外と気になっているなんてことも考えられます。ご自身で口臭をチェックする場合、唾液の臭い、吐いた息を嗅いでみる等が挙げられます。また、親しい関係の方に思い切って聞いてみることもできます。インプラント治療後に口臭が生じた場合、下記が考えられます。

インプラント周囲炎

簡単に言うとインプラント治療を行った歯の歯肉が歯周病のような状態になっていることを言います。原因は歯垢(食べ物の残りカス)が取り除かれておらず、そこに集まった細菌が増殖し、インプラント周囲の粘膜が炎症を引き起こします。炎症を起こしている歯肉からは膿や血液が発生し、口臭を引き起こし、これらは独特の臭いを発生させこれが口臭となってしまいます。ブラッシングによる歯垢除去不足以外に喫煙習慣によるニコチンの摂取や糖尿病に罹患している事も、インプラント周囲炎を引き起こしやすい環境の原因と言われます。

磨き残し

インプラント埋入後、隣接する元々の歯との隙間に食べかすなどが詰まってしまい、口内環境が悪化し、結果的に口臭となります。インプラントを埋入することで歯列が多少変化してしまうため、インプラント埋入後はクリニックで歯磨き指導を受けるなど、ブラッシング方法を見直し、デンタルフロスやデンタルタフトなどブラッシング以外のオプションも取り入れてみましょう。

インプラント治療が原因でない場合も

他の歯のむし歯、歯周病

インプラント埋入後のため、口臭の原因は治療した歯ばかりに意識がいきがちですが、他の歯が虫歯になっても口臭の原因となります。ブラッシングはインプラント埋入した箇所の周囲だけでなく、全体を念入りにブラッシングするようしましょう。
インプラント周囲炎で歯肉が炎症を引き起こすことで、膿や出血が発生し口臭の原因となることについて説明しました。他の歯についても同様に歯周病に罹患し、歯肉が炎症を引き起こすと口臭の原因となります。歯周病を防ぐには、ホームケアでの日々のブラッシングはもちろんですが、定期的なクリニックでのメンテンナンスも必要となります。

舌の汚れ

舌に張り付いた汚れを舌苔(ぜったい)と言います。舌苔ができる原因は主に次の3つです。
①口腔内が清潔に保たれていない
②唾液の分泌量が少ない
③口呼吸を行っている
が挙げられます。この舌苔に含まれる汚れはたんぱく質を含んでおり、このたんぱく質を細菌が分解して口臭を生み出します。特に、日中は唾液で細菌の増殖はある程度抑えられていますが、睡眠中は唾液の分泌量が減ってしまうため寝起きに口臭が気になるのです。最近は舌苔を取り除く専用ブラシなども販売されています。マウスウォッシュや舌用ブラシを用いて舌苔を取り除きましょう。

身体の不調

不規則な食事や暴飲暴食により、胃腸に負担をかけると食事した物の消化吸収・排泄が間に合わなくなります。消化されていない食べ物が胃腸に残留することで胃から不快な臭いを発生させてしまいます。胃もたれしていて、いくら口内環境を整えたとしても口臭が解消されない場合、こういった事が考えられます。

口臭だけでない?インプラント術後のトラブルも

周囲炎によりインプラント脱落

インプラント周囲炎は口臭の原因となるだけでなく、歯槽骨を溶かしていくため、インプラント体(金属のねじ)の露出を引き起こし、最終的にはインプラントが脱落してしまう場合もあります。
インプラント周囲炎に罹ってしまった場合、ホームケアだけで自然に治癒することはありません。クリニックでの専用の器具を用いたプラークや歯石の除去、専用薬剤を用いた消毒と洗浄が必要となります。1~2回の治療では周囲炎は治らないため、少なくとも1か月1回以上の定期的なクリニックでの治療を続けなければなりません。

隣接する歯への影響

インプラント周囲炎になった場合、インプラントを埋入した箇所の歯肉が溶けていくと説明しましたが、周囲への歯への影響も及ぼします。周囲炎を起こしているということは、細菌が増殖している状態にあります。これらの最近は口腔内全体の歯周病のリスクを高めてしまいます。
また、インプラント周囲炎によりグラグラしてくると噛み合わせにも支障をきたしてしまい、対合歯等に負担をかけることになってしまいます。

インプラント埋入による違和感の長期化

インプラントの埋入位置や上部構造の被せものが不適切であった場合、かみ合わせが悪く上手くかめなくなり違和感が長期化する場合があります。このような場合、かみ合わせによるストレスが溜まり精神的にもダメージを受けます。また、かみ合わせのストレスは寝ている最中の歯ぎしり等も発生させてしまい、対合歯にも悪い影響を与えてしまうため、違和感が続く場合は早めのクリニックへの相談をおすすめします。

インプラント治療後の口臭予防について

ホームケアを確実に行う

口臭を防ぐには、やはりお家でのケアをしっかり行うことが重要です。自分の歯に合った歯ブラシやデンタルフロス、デンタルタフトを使用し、念入りにホームケアを行うようしましょう。正しい磨き方やデンタルグッズに関してはインプラント治療を行ったクリニックに相談すると良いでしょう。

クリニックでの定期検診を受診する

ホームケアだけで取り除けない歯垢を定期的にクリニックでプレミアムメンテナンスを行う必要があります。インプラント治療後は定期的にクリニックに通い、口腔内の状態を清潔に保つことで口臭を防ぎましょう。周囲炎になった場合と異なり、年に1~2回のメンテナンスなので負担も少ないと思います。定期的なクリニックでのメンテナンスはホームケアで取り切れない歯石の除去による口臭予防はもちろん、ホームケアにおける自分の磨き残しの傾向などがわかり、より良いホームケアにも繋がります。
また、インプラントによる口臭予防だけではなく口内環境を整えることはインプラントを行った歯以外の健康状態を保つことに繋がります。インプラント以外の歯の健康状態を保つことは先ほど述べた通り、虫歯や歯周病による口臭予防にもなります。是非、インプラント治療後のメンテナンスは他の歯を含め、口腔内全体の健康状態を保つことをお勧めします。

最後に

インプラント埋入後の口臭は定期的なクリニックでのメンテナンスが必要です。インプラント治療後のアフターメンテナンスを集中的に行うことで口臭は確実に防ぐことが出来ます。また、口臭はインプラントしてない歯でも発生しますが、インプラント治療のアフターメンテナンスと口内環境の定期的な清掃を行うことで口臭はもちろん、虫歯や歯周病リスクを低減することが出来ます。
ワンデイスマイルインプラントクリニックではインプラント手術後のアフターメンテナンスも充実しております。ワンデイスマイルインプラントクリニックでは年に1回のプレミアムメンテナンスをお勧めしております。プレミアムメンテナンスでは歯科衛生士による専用器具を用いたインプラント周囲のメンテナンスはもちろん、レントゲンを用いたインプラント周囲炎の検査や専用器具を用いた細菌検査を行います。オプションメニューに口腔内全体のクリーニング(PMTC)もございますため、口腔内全体の健康も定期検診で保つことが出来ます。インプラント埋入後の口臭が気になる方は、カウンセリング時にお申し付けください。

▼インプラント治療が気になる方は「ワンデイスマイル インプラントクリニック」まで

設立24年 埋入本数30,000本・年間2300本と信頼のクリニックです

https://1daysmile.jp/

top

Copyright One Day Smile Implant Clinic All Rights Reserved.