福岡・博多でインプラントならワンデイスマイルインプラントクリニック

インプラント治療中に喫煙するとどうなる?<br>もし喫煙してしまったときの対処法

個別インプラント相談(初回無料:CT検査含む)実施中

カウンセリング予約
0120-130-218

電話受付対応 10:30〜19:30(月)
        9:00〜18:00(火〜金)

〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東1-13-17松岡ビル4F

インプラント治療中に喫煙するとどうなる?
もし喫煙してしまったときの対処法

インプラント治療中に喫煙するとどうなる?
もし喫煙してしまったときの対処法

喫煙が全身にとって良くないことであるのは、誰でも知っていることですよね。喫煙は全身だけでなく、歯やインプラントにも悪影響を及ぼします。どういった理由で、どのようなメカニズムで悪影響を及ぼすのか詳しく解説します。

喫煙による全身への影響

たばこの煙には数多くの化学物質が含まれており、中でも代表的なのがタール、ニコチン、一酸化炭素の3つです。これらが身体に与える主な悪影響は以下のようなものです。

  • タール:発がん物質が含まれる
  • ニコチン:血管収縮を引き起こす
  • 一酸化炭素:血液が酸素を運ぶのを邪魔する

タールは「ヤニ」とも呼ばれる物質です。発がん物質など身体にとって有害なものが多く含まれています。

ニコチンには血管収縮作用があり、これにより血圧を上昇させます。心臓に大きな負担がかかり、心筋梗塞や狭心症など心疾患にかかるリスクが高まります。またニコチンには強い依存性があり、個人差があるもののその依存性は麻薬に匹敵します。初めのうちは「たばこを吸いたい」「たばこを吸って落ち着きたい」程度であった依存度も、いずれはニコチンを摂取しないと脳細胞が活動を維持できないようになります。中毒性が高いため、子どもが誤ってたばこを口にすると死に至ることもあります。

加えて血液中にはヘモグロビンというタンパク質が存在しますが、ヘモグロビンは酸素と結び付きやすい性質を持っており、肺から全身へ酸素が運ばれています。しかしたばこの煙に含まれる一酸化炭素もヘモグロビンと結び付きやすく、この性質は酸素の200倍以上も強いとされています。つまりたばこを吸うと体内に一酸化炭素が取り込まれ、ヘモグロビンと強く結び付くことで酸素の結び付く場所が無くなり、全身に酸素が供給されなくなります。

なおヘモグロビンと一酸化炭素が結び付いても3〜4時間ほど経てば半減期を迎えるので、その後喫煙をしなければ酸素不足は一時的なものとして落ち着きます。しかし1日に何度も喫煙をしていると一酸化炭素が断続的に体内に取り込まれ、全身が慢性的な酸素不足状態となってしまいます。

インプラント治療中に喫煙するとどんな影響がある?

喫煙が全身にどのような影響を与えるかがわかりましたね。ではインプラント治療中など、喫煙は歯へどのような影響を与えるのでしょうか?

感染症のリスクが高まる

喫煙することで全身の血液の循環が悪くなり、免疫力が低下するとされています。免疫力が下がっているということは細菌等に感染しやすいということ。これにより手術後の傷口が治りにくかったり、感染症にかかったりしてしまいます。また歯ぐきが炎症を起こしやすくなり、インプラント治療の失敗に繋がることも。

インプラントが骨と結合しづらくなる

手術によりあごの骨にインプラントを埋め込んだ後は、あごの骨とインプラントがしっかり結合するのを待ちます。この期間にも喫煙していると、血行が悪くなることで結合が上手くいかない可能性があります。結合が上手くいかないということは、インプラントがしっかり固定されないということです。

むし歯・歯周病リスクが高まる

喫煙をすると唾液の分泌量が減少します。唾液には以下のようなさまざまな作用があります。

  • 自浄作用:お口の中の汚れを洗い流す
  • 再石灰化作用:むし歯になりかけた歯を元の状態に戻す
  • 湿潤作用:お口の中を潤わせる
  • 緩衝作用:お口の中を中性に保つ
  • 殺菌作用:細菌が体内に入り込むのを防ぐ など

喫煙をするとこれらの作用が発揮されなくなり、むし歯・歯周病リスクが高まります。

歯に着色する

喫煙をするとたばこの煙に含まれるタールにより、歯が着色します。黒く着色することもありますが、黄ばんだ色の付くことが多いです。喫煙後すぐに歯を磨けば着色は予防できますが、外出中や1日に何度も喫煙している場合は難しいですよね。積み重なる喫煙による着色は、一般的な歯ブラシと歯磨き粉を使っても落ちにくく、着色除去に特化した歯磨き粉を使ったり歯科医院でクリーニングやホワイトニングを受けたりする必要があります。

歯ぐきが変色する

健康な歯ぐきは薄いピンク色をしています。これは歯ぐきの中の毛細血管が透けて見えているため。しかし喫煙をするとニコチンにより血管収縮が起こり、歯ぐきがピンク色から黒ずんだ色へと変化します。喫煙をやめると元のピンク色に戻ることもありますが、日常的に喫煙をしている場合は色素沈着が起こり、歯ぐきはどんどん黒ずんでいくでしょう。

インプラント治療中に喫煙したときは

インプラント治療において喫煙は、禁煙の覚悟が必要なほど悪影響のあるもの。ただ喫煙習慣のある方にとって、禁煙はそう簡単にできるものではありませんよね。ではもしインプラント治療中に喫煙してしまった場合はどうすれば良いのでしょうか?

丁寧に歯を磨く

前提としてインプラント治療中は丁寧なセルフケアが欠かせませんが、喫煙してしまった場合は特に丁寧に歯を磨きましょう。喫煙すると唾液量が減り、むし歯や歯周病リスクが上がることを説明しましたが、これらは歯磨きをしっかりすることで防ぐことができます。また丁寧な歯磨きは、喫煙による着色や口臭の予防にも繋がります。

なお喫煙により感染症やインプラントと骨の結合の上手くいかないリスクが上がることから、インプラント手術の前後だけは期間を決めて禁煙することをおすすめします。

定期的に歯科医院へ通う

インプラントは治療後のケアがとても大切です。毎日しっかりセルフケアを行なっていても、汚れはどうしても付いてしまうもの。数ヶ月〜1年に1回の頻度で定期的に歯科医院へ通い、インプラントに問題が起きていないかチェックしてもらったりクリーニングを受けたりしましょう。早い段階でインプラントの異常に気付いてもらえれば、それによる影響や再治療も最小限で済みます。またクリーニングではインプラント専用の器具を使い、セルフケアだけでは届かない部分まで徹底的に清掃してもらえます。

インプラントのケア方法

インプラントは自分の歯よりも丁寧なケアをすることが大切です。毎食後や就寝前に時間をかけて歯を磨きましょう。歯ブラシの毛先を歯と歯ぐきの境目に当てて細かく動かします。歯1本あたり10〜20回ほどよくこするか、電動歯ブラシを使っても良いです。噛む面・頰側の面・舌側の面の3つに分けて丁寧に磨きましょう。

またインプラントのケアには、歯ブラシだけでなく歯間ブラシやフロスも併用しましょう。歯間ブラシは比較的大きな隙間に、フロスは小さな隙間に使用します。歯間ブラシはゴシゴシこするとインプラントを傷付ける可能性があるため注意しましょう。

加えてタフトブラシというピンポイントで磨ける小さな歯ブラシも有効です。インプラントが入っている歯の根元部分や歯と歯の間、歯の裏など歯ブラシだけでは届きにくい部分もしっかり汚れを落とすことができます。歯ブラシと歯間ブラシ・フロスでしっかり汚れを落とせていれば、無理に使う必要はありません。ケアグッズをたくさん使い、毎日のケアが億劫になるようでは本末転倒です。自分に合ったものをいくつか選び抜き、質の高いケアを続けるようにしましょう。

最後に

インプラント治療中は、基本的に禁煙を心がけましょう。ワンデイスマイルインプラントクリニックでは、喫煙・禁煙に関するフォローを受けながらインプラント治療を受けることができます。

▼インプラント治療が気になる方は「ワンデイスマイル インプラントクリニック」まで

設立24年 埋入本数30,000本・年間2,300本と信頼のクリニックです

https://1daysmile.jp/

top

Copyright One Day Smile Implant Clinic All Rights Reserved.