福岡・博多でインプラントならワンデイスマイルインプラント総合クリニック

インプラント治療に年齢制限による違いはあるの?<br>年齢別の治療の違いについて

個別インプラント相談(初回無料:CT検査含む)実施中

カウンセリング予約
0120-130-218

電話受付対応 9:00〜18:00(月〜金)

〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東1-13-17松岡ビル4F

インプラント治療に年齢制限による違いはあるの?
年齢別の治療の違いについて

インプラント治療に年齢制限による違いはあるの?
年齢別の治療の違いについて

インプラント治療に年齢制限はあるの?

年齢制限はないインプラント治療

インプラント治療に年齢制限はありません。ある一定の年齢をこえたことを理由にインプラント治療をできないと言われてしまった方がいらっしゃった場合、クリニックの経験不足が原因となっている場合があります。もちろん高齢でのインプラント手術は難易度が高いのは確かです。しかし、高齢な患者さまのインプラント手術を経験しているクリニックであれば、注意すべき点がわかっていてきちんと対処できるはずです。

 

インプラント治療は口腔内の状況によって断られる場合がある

年齢制限はありませんが、インプラント治療を断られるのはどういった場合でしょうか。

 

虫歯が多くて口腔内環境が悪い

虫歯が多く口腔内環境が著しく悪い場合、インプラント治療を断られる場合があります。インプラント手術後は、インプラント周囲炎にならないよう細菌コントロールが重要となります。虫歯が多い状態というのは、口腔内に食べかす(プラーク)がありその周りに細菌が集まっている状態です。そんな状態でインプラント手術を行った場合、インプラントの周囲炎を引き起こすリスクが高まります。そのため、インプラント手術する前もしくは同時並行にて虫歯治療を行う必要があります。

 

歯周病が進行していて、インプラント体に歯肉が耐えられない

インプラント治療は歯槽骨にチタン製のインプラント体を埋入する手術となります。そもそも歯槽骨がインプラント埋入するのに適していない状態の場合、インプラント治療を断られます。重度の歯周病の場合、歯肉が退縮してしまい、インプラントを埋入できたとしてもグラついて噛んでいるうちにインプラント体が離脱してしまうことが考えられます。歯周病は治療に時間がかかりますが、きちんと口腔内環境を整えた上でインプラント手術を行うことをおすすめします。

 

他の病気を患っていて、インプラント手術が困難

重度の糖尿病を患っている場合、インプラント治療を断られる場合があります。これは糖尿病を患っていると極端に免疫力が落ちて抵抗力がなくなるため、細菌感染しやすくなってしまいます。先程も記載した通り、インプラント手術後は細菌コントロールが重要となりますが、細菌感染しやすい状態はインプラント手術に向きません。

 

定期的なメンテナンスへの通院が困難、ホームケアが困難

インプラント治療を行った後は定期メンテナンスに移行します。インプラントを長持ちさせるためにはホームケアはもちろん、クリニックでの定期メンテナンスが重要となります。ホームケアを十分に行えない、定期メンテナンスに通うことが出来ない程の状態の場合、インプラント手術を断られる場合があります。

 

まだ口腔内の歯が生えそろってない場合、顎の骨が成長を続けている

永久歯は16歳くらいまでに生え揃い、18歳までは顎の成長が続くといわれています。そのため、18歳以下はインプラント治療を断られる場合があります。インプラント治療が行われる年齢については特にガイドラインはなく、クリニックによって考え方が違うのでもし、20歳以下でインプラント治療を検討している場合は、ドクターと相談して決めましょう。

 

年齢層によってインプラントの治療方法は異なるの?

 

年齢よりも口腔内の状態によってオプション治療が必要な場合がある

年齢によってインプラント治療方針が大きく変わることはありません。年齢よりも口腔内環境によって治療方針は決まります。

 

歯肉退縮による骨造成

歯周病などによる歯肉の退縮が著しく起こっている場合、骨造成をインプラント治療前もしくはインプラント手術時に行う必要があります。骨造成を行う場合、通常のインプラント治療費にオプションとして追加費用がかかります。また、事前に行う場合は骨造成後、骨がちゃんとできているのを確認してから手術を行うため治療期間が長期化することが予測されます。歯肉が退縮していると感じている場合、インプラント治療を行う際は期間と治療費についてはあらかじめカウンセリング時に確認が必要です。

 

虫歯治療をインプラント治療より先に優先して行う

先程ご説明した通り、虫歯が多く存在している場合インプラント治療には向きません。虫歯治療を行う場合、軽度~中度の虫歯であれば1~3回の通院で虫歯治療を終えることができます。しかし、重度の虫歯の場合、炎症などを伴うためそういった症状改善後にインプラント手術を行うため、1か月程度虫歯治療に通院する必要があります。

 

年齢を考慮したインプラント治療を行うために重要なこと

 

口腔内環境を適切に把握できる設備が整っているか

 

CT設備

歯槽骨の厚さなどはCT撮影して診査してもらえる方が安心です。最近は歯科用CTのソフトでインプラント体埋入のシミュレーションを行うことができます。インプラント体埋入のシミュレーションを行う事でどの程度歯槽骨の厚みが足りないのかを計測することができます。また、CT設備があれば骨造成後に骨がちゃんとできているかなどの状態を確認することができます。

 

カウンセリングや治療方針に関する説明がきちんとある

年齢が気になってインプラント治療に関して慎重になっている場合、カウンセリングや治療方針に関する説明がしっかりされているクリニックを選ぶことをおすすめします。やはり高齢であったりすると難易度や骨造成、麻酔の種類によってはオプション費用が追加される場合があるので確認するよう心がけましょう。

 

高齢であったとしても、設備や技術があればインプラント手術が可能

 

骨造成を行う事ができる

骨量が足りないため、インプラント治療を断られたという方は骨造成を行うことができるクリニックを検討してみてはいかがでしょうか。骨造成はインプラント手術同様、知識と経験を要します。骨造成の方法も複数あり、骨造成する箇所や状態によって異なります。

 

インプラント手術の経験が豊富、院内全体で取り組みがされている

ドクターのインプラント手術の経験はもちろんですが、カウンセリングスタッフや歯科衛生士がインプラント治療の経験が豊富にあるクリニックの方が安心して治療を受けることができます。年齢に関する不安や費用、期間に関する相談はドクターに直接は言いづらいと思いますので、理解あるカウンセラーや歯科衛生士がいるクリニックは心強いと思います。

 

患者に対する負担が少ない治療を採用している

インプラント治療はクリニックによって治療法が異なります。先程ご紹介した通り骨造成や麻酔はもちろんですが、手術に関しても複数回の外科的手術が必要な場合もあります。その中でできるだけ患者さまの負担が少ない治療を採用しているクリニックを選ぶことが重要となります。

 

最後に

年齢よりも口腔内の状態によって治療法が異なることが理解いただけましたでしょうか。クリニックを選ぶにあたり、年齢や口腔内の環境を考慮して負担の少ない治療を検討してくれるクリニックを選択しましょう。クリニックの選択はホームページ上の記載からでも十分状を収集することができます。

ワンデイスマイルインプラントクリニックでは経験豊富なカウンセリングスタッフや衛生士が患者さまの要望や年齢に関する不安についてお伺いします。是非、年齢が気になってインプラント治療を躊躇している場合、お気軽に当クリニックへご相談ください。

 

▼インプラント治療が気になる方は「ワンデイスマイル インプラントクリニック」まで

設立24年 埋入本数30,000本・年間2,300本と信頼のクリニックです

https://1daysmile.jp/

top

Copyright One Day Smile Implant Clinic All Rights Reserved.