福岡・博多でインプラントならワンデイスマイルインプラント総合クリニック

インプラント治療における痛みと<br>痛みを和らげる最新治療についても解説

個別インプラント相談(初回無料:CT検査含む)実施中

カウンセリング予約
0120-130-218

電話受付対応 9:00〜18:00(月〜金)

〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東1-13-17松岡ビル4F

インプラント治療における痛みと
痛みを和らげる最新治療についても解説

インプラント治療における痛みと
痛みを和らげる最新治療についても解説

インプラントの痛みはこういった場合に生じる

インプラント手術中

やはり一番痛みが怖いのは、インプラント体を歯槽骨に埋入するインプラント手術のイメージが強いと思います。手術中に発生する痛みに関して、まずはご説明します(なお、痛みについては個人の感じ方による違いも大きいため参考程度にお考えください)。

 

麻酔

まず、手術が始まった際に行う麻酔は痛みが生じます。
刺した瞬間のチクッとした痛みと麻酔液の注入による圧がかかった痛みが生じます。麻酔を打たれた後、しばらくすると打たれた箇所の感覚は薄まっていきます。

 

インプラント埋入時

インプラント体を歯槽骨に埋入する際は、麻酔が効いているため痛みが発生することはありません。もちろん、麻酔がかかった状態でも音や手術している感覚があるため恐怖や不安はあると思います。

 

インプラント手術後

インプラント埋入後の痛み

インプラント手術が終わり、麻酔の効果が失われると痛みが生じます。痛みは人によって感じ方が異なりますが、痛み止めを服用していれば問題ない程度の痛みです。
手術時に骨造成を行った場合、大きくメスで切開して人工骨等の異物を埋入していきます。そのため、単純にインプラント手術した時より痛みが強くでる、違和感が生じる場合があります。

 

術後経過後の抜糸した際の痛み

外科治療を行った後、問題なければ約1週間で抜歯をします。抜歯は独特のチクチクとした痛みが生じます。人によって抜歯は全く痛みを感じないため平気という方もいます。

 

しばらく経過してからの痛み

先程は手術前後で生じる痛みについてご紹介しました。では手術以外ではどのような痛みが発生するのでしょうか。痛みの症状と予防策についてご紹介します。

 

インプラント周囲炎

インプラント周囲炎とはインプラントを埋入した箇所近辺が細菌感染した事により炎症反応が起こった状態を言います。症状は歯周病に似ており、最初は赤く腫れたりしますが、次第に膿が生じたりします。症状が進行すると歯肉の退縮が起こり、最悪の場合インプラントが脱落することもあります。
インプラント周囲炎は歯周病に似ていますが、歯周病と比べると進行が早く重症化しやすいです。痛みが生じる頃はかなり進行している事が考えられます。初期症状である赤く腫れている段階でクリニックへ相談しましょう。

インプラント周囲炎を防ぐためには口腔内の細菌コントロールをきちんと行うことが重要です。細菌コントロールはホームケアでのブラッシングやクリニックでの定期メンテナンスで行います。ホームケアに関しては手術を受けたクリニックで指導を受けることをおすすめします。自分に合った歯ブラシの選び方やデンタルフロスやデンタルタフト等専用グッズの使い方など、口腔内の清掃のプロである歯科衛生士さんに聞いてみましょう。手術後の仮歯期間は約半年~1年と言われています。その間、全くクリニックに通わないのではなく定期メンテナンスに通いましょう。定期メンテナンスではインプラント体と歯槽骨の結合状態をチェックするのももちろんですが、インプラント周囲炎を引き起こしていないかのチェックも行ってもらえ、口腔内の清掃もプロが行うためホームケアだけでは落としきれない歯垢(プラーク)を除去できるので、細菌コントロールもしっかりできます。

 

周囲の歯とのかみ合わせが悪い

寝ている間に歯ぎしりをしている、仮歯になって噛みづらくなって反対側の歯で噛んでいる等発生した場合、かみ合わせの悪さが考えられます。かみ合わせが悪いと次第に仮歯や周囲の歯や歯茎にストレスを与え、次第に痛みが生じる場合があります。違和感や噛みづらさなどがあれば、手術を受けたクリニックに相談して必要であれば、仮歯の調整を行ってもらいましょう。

 

インプラントの痛みはいつまで起こる?

インプラント手術後の痛み

インプラント手術後の痛みは約1週間でなくなります。10日以上痛みが続くという方はクリニックに相談しましょう。傷口に細菌が入って炎症を引き起こしている可能性があります。

 

インプラント自体に問題が生じた場合

インプラント周囲炎を起こした場合

インプラント周囲炎を引き起こしてしまった場合、非外科的治療と外科的治療の2種類の治療方法があります。軽度の周囲炎の場合、非外科的治療を行います。歯周ポケットに薬剤や抗菌剤を使用して洗い流し、細菌コントロールを行います。また、歯科衛生士による専用の機械を用いた清掃を行います。これらを組み合わせて複数回通いながら様子を見ます。併せて、ホームケアもしっかり行う事が重要です。ブラッシングやマウスウォッシュ等を使用して口腔内を常に清潔に保つよう心がけましょう。重症化していなければ、1~2か月通院を繰り返すと症状は改善されます。

重症化している場合、周囲炎を引き起こしている部分を切除する外科的治療を用いる場合があります。切除する際、骨移植を行うなど再生療法を併用する場合があります。もちろん、歯茎を切除してまた縫合するので手術時に痛みが生じます。再生療法は骨の治癒に時間がかかるため、半年~1年レントゲンなどで骨の状態を見ながらメンテナンスを行っていきます。

 

周囲の歯とのかみ合わせが悪いと診断された場合

歯のかみ合わせは仮歯や上部構造の簡易的な調整で済む場合、1回の来院で痛みはある程度なくなります。しかし、仮歯の作り直しや本歯の作り直しが必要となってしまった場合、再作成時間がかかってしまうため、1~2カ月痛みのあるまま生活しなければなりません。

 

インプラント治療で痛みを最小限に抑える方法

手術中の痛みを抑えるためには

局所麻酔

虫歯の治療でも用いる部分麻酔の1つです。針を刺して麻酔薬を注入していきます。一般的な採血などの注射針よりもかなり細いですが刺した瞬間チクッとします。局所麻酔前にあらかじめ表面麻酔を塗っておくと注射針を刺した瞬間の痛みを抑えることが出来ます。

 

CGFの使用

CGF( 完全自己血液由来フィブリンゲル )を用いることでインプラント手術後の痛みや腫れを抑える事が出来ます。

 

笑気麻酔

亜酸化窒素と酸素を混合させたものを鼻から(経鼻)チューブで吸うことで、意識を失うことなく、不安や緊張を和らげるための吸入麻酔薬です。手術後は自然に体内から抜けてしまうため、体調への影響はありません。

 

静脈鎮静

精神状態の緊張を和らげるお薬を静脈点滴する麻酔です。リラックスした状態でほぼ寝ているような感覚になり、気づいたら手術が終わっていたような感覚になります。こちらの薬も手術後の体調には影響しません。

 

手術後の痛みを抑えるためには

痛み止めを飲む

クリニックにて処方された痛み止めをきちんと服用することで痛みが緩和されます。

 

飲酒、喫煙を控える

インプラント手術後は可能な限り飲酒や喫煙は控えるようにしましょう。

 

最後に

インプラント手術に関する痛みと痛みを和らげる方法についてご紹介しました。手術中の痛みを和らげる方法は複数ある為、手術を受けるクリニックはどれを採用しているか事前に確認しておきましょう。

ワンデイスマイルインプラントクリニックでは、今回紹介した麻酔の方法は全て取り扱っております。痛みが気になってインプラント手術を避けていたという方は是非当院にて痛みを最小限にしてほしいとカウンセリング時にご相談ください。経験豊富なドクターとスタッフが患者さんに適した治療方針をご提案させていただきます。

 

▼インプラント治療が気になる方は「ワンデイスマイル インプラントクリニック」まで

設立24年 埋入本数30,000本・年間2,300本と信頼のクリニックです

https://1daysmile.jp/

 

top

Copyright One Day Smile Implant Clinic All Rights Reserved.