福岡・博多でインプラントならワンデイスマイルインプラント総合クリニック

インプラント治療の治療期間はどのくらい?<br>短期間で治療を行う方法について

個別インプラント相談(初回無料:CT検査含む)実施中

カウンセリング予約
0120-130-218

電話受付対応 8:00〜20:00(月〜日)

〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東1-13-17松岡ビル4F

インプラント治療の治療期間はどのくらい?
短期間で治療を行う方法について

インプラント治療の治療期間はどのくらい?
短期間で治療を行う方法について

気になるインプラントの治療期間

インプラント治療を検討しているけど、治療期間が長いイメージがあり、いつから始めていいかわからない。まずはインプラント治療の標準的な期間と治療の流れについてご紹介いたします。

 

インプラント手術までの期間

インプラント手術を行うまでにまずは、カウンセリングや診査診断を行っていきます。その際、標準的には1~2か月クリニックに通います。下記の場合、インプラント手術前に更に長期間通院する必要があります。

 

他の歯に虫歯があった場合

隣接する歯が虫歯になっている場合、虫歯治療が必要です。

インプラント手術後最も注意する内容の一つに細菌コントロールが挙げられます。これはインプラント周囲炎という病気を防ぐために、口腔内を清潔に保つよう心がけます。むし歯は歯垢(プラーク)に細菌が集まって生じるものです。その為、虫歯がある状態でインプラント手術を行うと、細菌が口腔内に多く集まる環境にあり、インプラント周囲炎を引き起こす可能性があります。インプラント周囲炎を一度引き起こしてしまうと、周囲炎の治療を行わなければならなくなるため、仮歯期間が長引いてしまい余計治療期間が長引いてしまいます。

そのため、虫歯を事前に処置しておく必要があります。インプラント手術に影響しないような箇所の虫歯や酷くないむし歯の場合、インプラントと同時並行で虫歯治療を進める場合もあります。虫歯が見つかった段階でどのように治療を進めていくか、手術を行うクリニックで確認しておきましょう。

 

インプラント埋入前に抜歯を行う場合

インプラントを行う理由が、虫歯や歯周病に伴う抜歯である場合、抜歯に伴ってできた傷が治癒してからインプラント手術を行います。抜歯を行って傷が治癒するまでの期間は、人によって異なりますが約1か月はかかります。

 

インプラント手術する箇所の歯茎の土台が足りない場合

歯周病などで歯茎が退縮していて、インプラント治療を行うには事前に骨造成の処置が必要と言われた場合に行います。骨造成はインプラント手術の際同時に行う場合もありますが、事前に骨造成し、骨形成を確認した上で手術を行う場合もあります。骨形成が確認できるのは骨造成して約半年~1年程かかります。通院期間を可能な限り短縮したい場合、同時にできないか確認する必要があります。また、骨造成を行う場合、骨造成を行う場所によって副作用(鼻水・疼痛など)が発生する場合もありますので、こちらにも注意が必要です。

 

インプラント埋入手術

インプラント埋入の手術は1歯単位の場合、1度の手術でインプラント体まで埋入する方法と1度目の手術でインプラント体を埋入して半年後に再度手術して上部構造を構築する方法があります。
また、インプラントを全顎に渡り行う場合、2度の手術で上部構造を構築する方法だと上顎、下顎を4つのブロックに分けて手術を行うことが多く、半年~1年かけて手術を行うことになります。毎月のように手術が続くため、体力的にも疲れますが、手術を受ける精神的な疲労も溜まることになります。一方、インプラント手術技術の進歩から全顎に渡るインプラント手術も1度で終わる方法もあります。手術期間も重要ですが、手術回数も重要視したほうが良いでしょう。

 

仮歯の期間について

上部構造の手術が終わった後は本歯作成及び、インプラント手術箇所の傷が治癒するまで仮歯を装着します。仮歯の期間は治癒期間によって異なりますが約半年~1年と言われています。仮歯期間はインプラント周囲炎にならないよう、ホームケアとクリニックでの定期メンテナンスで細菌コントロールを行います。

 

長期間にわたるインプラント治療の問題点

 

通う時間がもったいない

当たり前ですが、通院を行うことで自分の時間が削られます。往復の通院時間やクリニックでの時間を考えると通院回数、期間が短いに越したことはありません。

 

都度お金がかかる場合がある

手術費用が安いと思って申し込んだけど、診査診断や仮歯期間のメンテナンスなど通うたびに費用がかかってしまい、総合すると他のクリニックより割高になってしまったなんてこともあります。インプラント治療を行う場合、こういった都度かかる費用についても詳細を事前のカウンセリングで確認し、総合的にいくらかかるか聞いた上で検討する必要があります。

 

モチベーションの低下

治療期間が長引くことでインプラント治療へのモチベーションが下がっていきます。これに加え手術回数が多いと余計モチベーションが下がってしまいます。モチベーションの低下は定期メンテナンスの怠慢や治療途中での離脱に繋がります。

 

大事なイベントの時に歯がないなんてことも

インプラント治療中にブライダルを迎える方や楽しい旅行に行く方も多くいらっしゃると思います。そんな大事な日に仮歯や、仮歯が取れて歯がないなんてことになってしまっては台無しです。早く治療を終えて、美しい歯並びで大事な日を迎えるようしましょう。

 

短期間でインプラント治療を終える方法

 

手術方法が短期間で終わるクリニックを選ぶ

最初に手術方法が複数あると解説しましたが、クリニックが導入している手術方法によって治療期間が大きく異なります。クリニックを検討する場合、治療が短期間で終わる手術を採用しているか確認しましょう。不安な場合は、セカンドオピニオンとして同様の治療を他のクリニックで行う場合の期間と費用の概算を聞いてみるのも良いでしょう。
骨造成の方法はいくつかあり、その中でもCGF再生療法という方法がありますが、これは厚生労働省より認定を受けた施設でのみ行うことができる治療法です。この方法を用いることで手術中に骨造成が行われるため、治療期間の短縮に繋がります。また、このCGF再生療法を用いることでインプラント埋入箇所の骨形成も通常に比べ早くなると言われています。

 

カウンセリング時に相談する

インプラント治療を行う場合、ほとんどのクリニックがカウンセリングを行います。このカウンセリングでは患者さまの要望や治療費について聞くことが出来ます。いつまでに治療を終えたいなどあればこの時に要望として伝えましょう。また、費用についても手術費以外にかかる費用があるか、都度いくらかかるかなど確認しておきましょう。

 

最後に

ご自身の口腔内の状態にも左右されるため、一概には言えませんがクリニック選定で手術期間が大きく異なります。インプラント治療期間を短くしたい場合はやはり、最新設備や最新技術を取り入れたクリニックを選ぶことが重要です。インプラント治療は初回の予約から仮歯期間含めメンテナンスへの移行までに最短1~2年必要です。

 

ワンデイスマイルインプラントクリニックでは、インプラント手術当日~翌日に歯が入る次世代インプラント治療を行っております。通常半年~1年かけて行う全顎インプラントにおいても1泊2日の手術で仮歯の装着が可能です。患者さまの治療に対する身体や精神的な負担をできるだけなくすよう心がけております。骨造成に関してもCGF再生療法認定クリニックです。

 

当院は経験豊富なドクターと衛生士による「チーム医療」を行っております。カウンセリング時に伺った患者さまのご要望を、院内カンファレンス(会議)にて話し合った上で治療方針、手術方法を決定し患者さまへご説明しております。治療期間に関するご要望も承りますので、まずはカウンセリング予約をご相談ください。

 

▼インプラント治療が気になる方は「ワンデイスマイル インプラントクリニック」まで

設立24年 埋入本数30,000本・年間2300本と信頼のクリニックです

https://1daysmile.jp/

 

top

Copyright One Day Smile Implant Clinic All Rights Reserved.