福岡・博多でインプラントならワンデイスマイルインプラント総合クリニック

一本だけインプラント治療をすることにメリットはある?<br>治療の流れと他の治療も比較

個別インプラント相談(初回無料:CT検査含む)実施中

カウンセリング予約
0120-130-218

電話受付対応 8:00〜20:00(月〜日)

〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東1-13-17松岡ビル4F

一本だけインプラント治療をすることにメリットはある?
治療の流れと他の治療も比較

一本だけインプラント治療をすることにメリットはある?
治療の流れと他の治療も比較

一本だけのインプラント治療の流れ

そもそも一本だけインプラント治療が必要になるのはどんな時?

虫歯や歯周病で歯を抜かなければならなくなった時

虫歯や歯周病が進行してしまい、もともとある歯を抜かなければならないと申告された場合、その抜いてしまった歯を補うための一つの手段として一本だけのインプラント治療が候補となります。
虫歯は中程度までは痛みを伴います。しかし、神経まで到達してしまい神経が死んでしまった場合、痛みはなくなります。痛みがなくなったあとそのままにしておくと、歯茎や隣の歯にも細菌が移るなど支障をきたします。そこまでひどくなってしまった虫歯となった歯は抜歯する以外治療法はなくなってしまいます。

歯周病も同様に重度になると、歯を支える骨が徐々に退縮していき、歯がグラついてきます。歯周病はサイレントディジーズ(Silent Disease:静かなる病気)とも言われます。症状に気づきにくく、気づいた時には既に重症化しているなんてこともあります。重症化した歯周病治療は長期化することはもちろん、歯を残すためには特別な治療が必要なため、治療費も高額になってしまいます。重症化した歯周病をそのままにしておくと、グラついた歯は抜け落ちてしまい、欠損が生まれます。そうした場合、インプラント治療が抜けた歯を補う手段の一つとなります。

 

転倒などで歯が欠けた、歯根が折れてしまった時

転倒や事故で前歯が欠けてしまった場合、一本のみインプラント治療を検討しなければならなくなります。また、噛み合わせが悪く歯根に負担がかかってしまい歯根が割れてしまったときも抜歯となってしまう場合があります。虫歯や歯周病と違い、突然選択を迫られることになります。インプラント治療はクリニックの選択やどういった素材を使用するかなど検討しなければなりません。時間がないから、たまたま行ったクリニックに任せるなどインプラント治療に対する選択を適当に済ませないよう注意が必要です。

 

一本だけインプラント治療をする場合の流れ

抜歯を伴う場合

抜歯した後、抜歯部分の炎症が治まるのを確認してからインプラント治療を行う場合、炎症が治まるのは口腔内の環境や患者さまの年齢や体調に寄りますが、2週間~1カ月程度必要です。また、抜歯の炎症状況と骨の条件が揃えば抜歯と同時にインプラントを埋め込む抜歯即時埋入という方法があります。この場合治療のゴールが速いです。

 

ずっと歯がない状態で過ごして、インプラント治療を検討する場合

歯列は口腔内の環境や普段の癖などから変化します。ずっと1本歯がない状態が続くと、隣の歯が倒れる場合があります。インプラントを埋入するスペースがない場合、スペース確保のため、稀に歯を矯正で動かすことがあります。また、歯がない部分の歯肉は噛む際の刺激がないため、退縮が起こります。その場合は骨造成をあらかじめ行わなければならない場合があります。

 

一本だけ歯を置き換える場合の治療法について

インプラント以外に一本だけ歯を失った場合、どのような治療が選択できるかご紹介していきます。

 

ブリッジ

ブリッジとは欠損がある歯の隣接する歯を削って、欠損した歯の橋渡しをするような形で連結した歯の被せもののようなものを装着します。ブリッジは一度装着すると故意に外さない限り、取り外すことができません。被せものとの間はメンテナンスができないため、虫歯になりやすい環境になります。また、健康な歯を削ってしまうため、侵襲の低い治療とは言えません。

 

部分入れ歯

一歯の部分入れ歯は隣接する歯に引っ掛けて使用するタイプがほとんどです。部分入れ歯は隣接する歯に取り付ける金属がどうしても目立ってしまうのが欠点です。メンテナンスは他の歯をブラッシングする以外に部分入れ歯の洗浄と意外と面倒です。大事な人との旅行で入れ歯を外して洗浄するのは少し恥ずかしいでしょうし、気分が落ち込みますよね。

 

一本だけ歯をインプラントにする場合の値段とメリットに関して

インプラント治療を一本する場合の金額

基本的な治療価格

一本インプラント治療を行う場合、20万円~30万円かかります。安く済ませる場合と高額な場合で10万円も差が生じてしまうのは被せものの素材によって、金額が大きく異なるためです。

 

被せものの値段

仮歯や本歯の素材は選ぶことができます。素材によってメリット、デメリットがさまざまあり、それに応じて価格も異なります。ご自身の予算をクリニックに相談した上でどういった素材が選択できるか確認し、決めると良いでしょう。

 

オプションとして追加費用がかかるケース

先程紹介した価格はインプラントの基本治療を行う場合の価格で、それ以外にオプション費用がかかる場合があります。オプション費用とはインプラント挿入カ所に血管や神経が隣接していて複雑な手術となる場合、歯肉退縮が起きているため骨造成が必要となる場合オプション費用が追加されます。

 

一本だけインプラント治療を行う場合のメリット

他の治療と比べてどのようなメリットがあるのでしょうか。

 

隣接する歯に負担がかからない

ブリッジは本来3本の歯で支えるべき箇所を2本の歯で支えることになります。そのため、隣接する歯や歯肉に対して負担がかかります。部分入れ歯に関しても取り外しを行う際、金具を引っ掛けている歯に負担がかかってしまいます。

一方インプラントは独立しているので、周囲の歯への負担はかかりません。

 

見た目が自然

部分入れ歯などは先ほどご紹介した通り金属の留め具がどうしても目立ってしまいます。インプラント治療の場合、オールセラミックを使用することで天然歯と同様、自然な見た目になります。口元から金属が見えると思うと大きな口を開けたり笑ったりする際、気をつけてしまいますよね。インプラント治療を行った場合、笑ったり大きく口を開けたりしても見た目を気にすることはありません。

 

歯肉などへの刺激があり、退縮が防げる

ブリッジは被せものを装着しているだけのため、抜けてしまった部分の歯肉は噛んだ際も刺激が加わることはありません。そのため、使用しない歯肉は退縮していきます。部分的な歯肉の退縮は見た目も良くありません。インプラント治療の場合、周囲炎などのトラブルを起こさない限り歯肉の退縮は起こりません

 

噛む力が元あった歯とほぼ同等

ブリッジや部分入れ歯は噛む力が元々あった歯と比べて弱くなってしまいます。特に部分入れ歯は固いものやお餅が食べづらくなってしまいます。インプラント治療の場合、元々あった歯と同様に噛むことができます。

 

最後に

一本だけインプラント治療を行うメリットについて、ご理解いただけましたでしょうか?

最初は費用を抑えて他の治療を選択したけど、ブリッジを選択したけどやっぱりインプラントが良かったと思っても、隣接の歯を削ってしまっているため、簡単に取り換えることはできません。安易に治療費だけで選択するのではなく、見た目や将来的なメリットを十分考慮した上で治療を選択することが重要です。

 

ワンデイスマイルインプラントクリニックでは、専門のカウンセリングスタッフが患者さまのご要望を伺います。ドクターには聞きづらい費用面や痛みに関する不安などお気軽に相談ください。インプラント治療は一本のみの治療も行っております。

 

▼インプラント治療が気になる方は「ワンデイスマイル インプラントクリニック」まで

設立24年 埋入本数30,000本・年間2300本と信頼のクリニックです

https://1daysmile.jp/

top

Copyright One Day Smile Implant Clinic All Rights Reserved.