福岡・博多でインプラントならワンデイスマイルインプラント総合クリニック

歳を取ってからでもインプラント治療したほうがいい?<br>メリットや注意点を解説

個別インプラント相談(初回無料:CT検査含む)実施中

カウンセリング予約
0120-130-218

電話受付対応 8:00〜20:00(月〜日)

〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東1-13-17松岡ビル4F

歳を取ってからでもインプラント治療したほうがいい?
メリットや注意点を解説

歳を取ってからでもインプラント治療したほうがいい?
メリットや注意点を解説

歳を取ってからでもやっておくべきインプラント治療 

インプラント治療のメリットとは?

残っている歯への負担が少ない

インプラント治療は歯を失った場合に行う他の治療法と比べて、残っている歯に対する負担が少ない治療となっています。一般的に歯を失ってしまった場合、インプラント以外に下記の治療法が検討されます。

①ブリッジ

失った歯の両隣の歯を削って、そこに引っ掛けるような被せものを取り付けます。手術が発生しないため、低侵襲に感じます。削った歯は元に戻すことはできないため、健康な歯を削る治療であるブリッジは決して低侵襲ではありません。また、被せものがと天然歯の間が虫歯になってしまうリスクもあります。

②部分入れ歯

部分入れ歯は両隣の歯に金属のバネを取り付けるタイプが多く、これも健康な歯に対して負荷をかけています。また、部分入れ歯は咬合力が弱まる為、固いものを噛む際反対側で噛むことが多くなります。片顎での咬合が続くと負担がかかるのもありますが、虫歯のリスクも高まります。

一方でインプラントは健康な歯を削ることや、バネなどを他の歯に引っ掛けることなく、独立しているので他の歯への影響は少なくなっています。咬合力も天然歯が存在した時と同じように咬合できるため、片顎で食べ物を食べ続けることにはなりにくいのです。

天然歯に近い色味で若返り効果も?

インプラントの上部構造は一般的に白い被せものがほとんどです。
金属を使用したブリッジや部分入れ歯はどうしても、金属が見えた際年齢を感じさせてしまいます。笑顔を作るたびに金属が見えてしまっては思い切り笑うのも躊躇してしまうと思います。インプラント治療を行うことで自然な白い歯となるため、笑顔にも自信が持てますし、若返り効果に繋がります。また、先ほども説明しましたが、インプラント治療後の咬合力は天然歯に近い為固いものも食べることが出来ます。しっかり噛むことは、顔の筋肉も刺激され、さらなる若返り効果も期待できます。

取り外しがなくストレスフリー

部分入れ歯や総入れ歯は毎日取り外してメンテナンスを行う必要があります。
旅行先でも常に外してメンテナンスを行うのは大変ですし、少し恥ずかしいと思われる方もいらっしゃると思います。インプラント治療の場合、日々のメンテンナンスは天然歯同様ブラッシングやデンタルフロスなどを用いるため、旅先でも気にする必要はありません。

美味しい料理を気兼ねなく食べることができる

治療後に咬合力が弱まる、入れ歯やブリッジの場合、固いものが食べられない、歯にくっつくものは食べられないなどの問題が生じてしまいます。インプラント治療であれば、天然歯同様の咬合力を得ることが出来るため、好きな食べ物を気兼ねなく食べることが出来ます。年を取った後も美味しい食事を楽しく食べる事を続けられるのは、大きなメリットに繋がりますよね。

歯に対して時間を費やすことが出来なかった方こそ試してほしい

これまで忙しく働き続けてきたため、歯科治療に時間を費やすことが出来なかったなんて人も年を取ったからこそ、インプラント治療を検討してみてはいかがでしょうか。これからは人生100年時代と言われています。美味しいものを気兼ねなく好きな人と食べられる方が幸せだと思いませんか?

年を取ってからのインプラント治療の方法について

インプラント治療を年取ってから行う場合、どういったリスクが考えられるのでしょうか?年を取った後からのインプラント治療についてご説明していきます。

まずは口腔内の状態と治療方針を確認する

インプラント治療は単数インプラントや口腔内全ての歯をインプラントにする全顎インプラントがあります。インプラントを埋入する場合、本数が少ない方が身体への負担は少なくなります。出血や傷口を最小限にする為には全顎インプラントであっても、本数を少なくインプラント治療できないか検討しましょう。

上部構造の被せものに関しても複数種類があります。審美性や強度がそれぞれ異なり、金額も素材によって大きく異なります。インプラント治療前のカウンセリング時にメリットやデメリットを聞いた上で検討しましょう。

追加費用が必要な難症例も

年を取った後から手術を行う場合、口腔内の状態によっては歯肉移植や骨造成が必要となる場合が多いです。これまで歯周病や部分入れ歯をしていた、ブリッジであった場合、これらは術前で確認しておき、費用が加算されないか注意しましょう。他にも健康状態から追加の処置(手術中の麻酔や術後の処方箋)が必要な場合があります。

術前CTでインプラント埋入箇所に神経や血管があり、難症例となる場合があります。この場合も追加費用が掛かる場合があるので事前に主治医に確認しましょう。

これらの追加費用についてカウンセリング時に説明がなく、術後に請求され当初聞かされていた費用よりも高額になってしまったという場合も考えられるため、費用面においてはカウンセリング時にしっかり確認しておくようにしましょう。

定期的なメンテナンスが重要

年を取ってからのインプラント治療は、定期メンテナンスが重要となります。
糖尿病や歯周病にかかっている場合、特にインプラント周囲炎にかかるリスクが高くなります。インプラント周囲炎はインプラントの周囲歯肉が歯周病にかかるような状態を言います。進行していくと、せっかく手術したインプラントが抜け落ちる場合もあります。そういったリスクを低減させるためのメンテナンスについてご説明していきます。

自宅で行うホームメンテナンスも

ホームメンテナンスはブラッシングを含めた日々の口腔ケアにあたります。ホームメンテナンスは毎日の積み重ねとなるので、自己流で調べて行うより、クリニックの指導を受けて実践するやり方をお勧めします。インプラント治療後の自分の口腔内に合った歯ブラシの選び方やデンタルフロス、デンタルタフトの使い方など、クリニックで積極的に聞いてみましょう。

クリニックで行うプレミアムメンテナンスは?

ホームメンテナンスを毎日きちんと行っても歯垢を全て取り除くことができません。そのため、定期的にクリニックで歯科衛生士による専用の器具を用いたメンテナンスを受ける必要があります。定期メンテナンス時のインプラント周囲炎予防はもちろんですが、他の天然歯がまだある場合はインプラント以外の歯のメンテナンスも行うと良いでしょう。

メンテンナンス時は日頃のホームメンテンナンスに関するアドバイスや磨き残しの癖を聞き、自宅でのケアのモチベーション向上と精度を上げましょう。

インプラント治療で注意しておくきポイント

持病や現在飲んでいるお薬について正直に回答しましょう

インプラント治療を行う場合、持病や飲んでいるお薬については細かく回答しましょう。これらの項目は、インプラント手術時に使用する薬の検討、出血の状態の予測に大きく関わる為手術に大きく影響します。また、現在(削除)定期的に通っているかかりつけのクリニックや処方箋(削除)にもインプラント手術を受けることは伝えておきましょう。

最後に

年を取ってインプラント治療を行うことは様々なメリットに繋がります。ただ、持病等がある場合、本当にインプラント治療が出来るか、その後の経過について不安もあると思います。

ワンデイスマイルインプラントクリニックでは、経験豊富なドクターやスタッフが多く駐在しております。インプラント治療をしたいけど年を取っている為、手術が不安、痛みも耐えられるか心配などカウンセリング時に相談いただければ、麻酔の方法や患者様が少しでもリラックスできる雰囲気作りなどご提案いたします。

▼インプラント治療が気になる方は「ワンデイスマイル インプラントクリニック」まで

設立24年 埋入本数30,000本・年間2300本と信頼のクリニックです

https://1daysmile.jp/

また、費用についてはカウンセリング時に御提示した費用以外で、治療中に正当な理由なく追加で費用を請求することはございません。ぜひお問い合わせください。

top

Copyright One Day Smile Implant Clinic All Rights Reserved.