福岡・博多でインプラントならワンデイスマイルインプラント総合クリニック

【インプラント治療のメリットを解説】<br>理解して自分にあった方法を選ぼう

個別インプラント相談(初回無料:CT検査含む)実施中

カウンセリング予約
0120-130-218

電話受付対応 9:00〜18:00(月〜金)

〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東1-13-17松岡ビル4F

【インプラント治療のメリットを解説】
理解して自分にあった方法を選ぼう

【インプラント治療のメリットを解説】
理解して自分にあった方法を選ぼう

インプラント治療にはどんなメリットがある?

歯が抜けてしまった場合、他の治療と比較してインプラント治療はどのような面でメリットがあるのでしょうか。今回はインプラント治療のメリットについてご紹介します。

天然歯と変わらない見た目

歯が抜けてしまって食事も不便ですが、口を開けた時に歯が欠けている状態が恥ずかしい経験をしませんでしたか。金属の被せものの場合、他の歯との違いが明らかです。インプラント治療の場合、被せものの素材次第では天然歯と遜色ない見た目になります。

咬合力が劣らない

咬合力(噛む力)が天然歯の時とあまり変わらないのもメリットと言えます。噛む力が弱まると、固いものが噛めなくなったり、外食での食事を気にするようになったりしてしまいます。気にすることなく美味しい食事を楽しめることはインプラント治療の最大のメリットでもあるといえます。
年を取って固いものを食べる事は顔の筋肉の刺激にもなり、若返りの効果も期待できます。更に噛むことは頭部の血液循環を良くし、脳神経が刺激されることで脳の働きが活発になることから、痴呆の予防になるともいわれています。

メンテナンスが手軽

入れ歯などと違い、取り外してメンテンナンスを行う必要がありません。旅先で入れ歯を取り外して、洗浄するのは人目が気になるという心配やストレスがありません。インプラント自体は虫歯にならないため、周囲炎を引き起こさないように口腔内の細菌コントロールをしっかりすればいいため、他の治療のように部分的なメンテンナンスは必要ありません。

欠損が発生した場合、治療法別のメリット・デメリットについて

インプラント治療

インプラント治療のメリットは先ほど説明した通り、たくさんあります。では、デメリットについてご紹介したいと思います。

手術が必要

外科的な手術が発生するため、高齢で持病があり体力が乏しい方は稀に手術を受けることが出来ない場合があります。また、手術の経験、手技レベルが定量化されているとは言えず手術の失敗などのリスクも発生します。そのため、インプラント治療を行うクリニックは慎重に選定する必要があります。

費用が発生する

保険診療と比較すると総額が高いと思われる方がいらっしゃると思います。しかしながら、インプラント治療はメンテナンスを継続して行えば、半永久的に使用することが出来ます。2次的に虫歯になるリスクや周囲の歯へのダメージも少ないため、一概に費用が高いとは言えません。

インプラント手術後、定期メンテナンスが発生する

インプラント手術後はインプラント周囲炎を防ぎ長期インプラントを使用するためにも定期的(年に1~2回)の定期メンテナンスが必要となります。クリニックに定期的に通うことは残った天然歯のメンテナンスも併せて行うことが出来るため、自分の歯を残すという意味ではメリットとも捉えられます。

インプラント以外の保険治療と自費治療

インプラント以外の治療についてもメリットとデメリットをご説明します。

被せもの(1歯が欠けた場合に適応)

被せものは歯が欠けたりした場合、歯根を残して歯を削ってその上に被せものの歯を取り付ける治療を言います。被せものを保険治療で行えば安価で済みますが、保険治療は金属を用いるため、金属アレルギーを有していない方に限ります。また、笑った際に金属が見えてしまうリスクもあり、思いっきり口を開けたり、笑ったりしづらくなります。
保険適応外の素材を使用した治療も可能ですが、その場合素材によっては治療費総額が10万円前後となる場合もあり、一概に安価に済ませることが出来ない治療となります。さらに、被せものと元々ある歯の間に歯科用接着剤を使用しますが、この接着部は虫歯になりやすくなっています。虫歯になった場合は一度被せものを取って治療する必要があります。

ブリッジ(1歯~3歯失った場合適応)

ブリッジは欠損してしまった歯の隣接する健康な天然歯を削って被せものを引っ掛けるようにして歯科用接着剤で取り付けます。こちらも保険治療適応内で行えますが、先程同様金属を用いるため、3歯以上に渡って金属の被せものをしなければなりません。奥歯であっても、金属部分は目立ちます。
自費治療で白い素材を用いることもできますが、先程の1歯単位の被せものと異なり、3歯以上に渡り被せものを作成するため、15万~20万円前後かかる場合もあります。こちらも両隣の歯に被せものを接着させており、接着部は虫歯のリスクが高くなっております。健康な歯に対して削った上に虫歯リスクも高まるため、侵襲が高くリスクの高い治療と言えます。また、咬合力も落ち、両隣の歯に大きな負担がかかるため、長期咬合していると歯肉の退縮が見られる場合があります。

入れ歯(2歯以上~全顎に渡って歯を失ってしまった場合適応)

部分入れ歯の場合、バネなどで欠損部の両隣の歯に引っ掛けて装着します。装着、取り外し時に両隣の歯に負担がかかり、良い影響は与えません。保険治療で行えば、短時間で安価に仕上がります。
見た目を重視して自費治療にて作成した場合、部分入れ歯は50万円、総入れ歯は100万円と高額になってしまう場合があります。部分入れ歯、総入れ歯、共に咬合力は落ち、食べ物の制限が生じます。固いもの、歯にくっつきやすい食べ物を避けるようになります。先程、申し上げた通り、咬合力の低下は見た目の老化や痴呆に繋がります。

自分に合った治療を探すにはどうすれば?

口腔内及び身体の健康状態

人前に出る機会が多い方

入れ歯は話しづらくなる、外れてしまうなどのリスクがあるため、ブリッジもしくはインプラント治療をお勧めします。

健康な歯を削りたくない、低侵襲がいいという方

隣接する歯に対するダメージの少ないブリッジもしくはインプラント治療をお勧めします。

高齢でインプラント手術が困難、メンテナンスが一切通えない方

部分入れ歯や総義歯をお勧めします。

費用と通院回数

費用や通院回数を最小限に抑えるのであれば、やはり保険診療が最も安価で済みます。しかし、見た目と内容を考慮した場合、ブリッジや被せものよりもインプラント治療の方が、多少の金額の違いであればメリットがあるのは明らかです。被せものやブリッジが虫歯になって後悔するよりは、治療する当初から検討し本当に自分に合っている治療はどちらか検討すべきです。
また、最近はインプラント治療も1泊2日でできる手術があります。早期に噛むことを優先したい場合、インプラント治療もお勧めです。

クリニックで相談するのが一番!

ご自身のご要望をクリニックで伝え、どういった治療が行えるかプロフェッショナルである主治医の先生に伺ってみましょう。自費治療に対する考え方や、費用にはばらつきがあるため、費用を支払ってもセカンドオピニオンを実施したほうがいい場合があります。その場合は、あらかじめ予約時にセカンドオピニオンであることを伝えておくと良いでしょう。

最後に

インプラント治療は他の治療と比較してもメリットが多い治療です。見た目が気になる若い女性はもちろん、認知症のリスクがあるお年寄りこそ、固いものが噛めるインプラント治療の方が口腔内含め身体の健康に繋がります。
ワンデイスマイルインプラントクリニックでは、1泊2日の最短インプラント手術も行っております。また、インプラント治療専門カウンセラーが患者様のご要望をお伺いします。ドクターには直接聞きづらいご質問やご希望、費用に関する相談も承っています。まずは、失った歯に対してインプラント手術含めどういった治療ができるか、お気軽にお問い合わせください。

 

▼インプラント治療が気になる方は「ワンデイスマイル インプラントクリニック」まで

設立24年 埋入本数30,000本・年間2300本と信頼のクリニックです

https://1daysmile.jp/

top

Copyright One Day Smile Implant Clinic All Rights Reserved.