福岡・博多でインプラントならワンデイスマイルインプラント総合クリニック

歯がグラグラする原因は?<br>知っておくべき対処法からインプラント治療まで徹底解説

個別インプラント相談(初回無料:CT検査含む)実施中

カウンセリング予約
0120-130-218

電話受付対応 8:00〜20:00(月〜日)

〒812-0013 福岡県福岡市博多区博多駅東1-13-17松岡ビル4F

歯がグラグラする原因は?
知っておくべき対処法からインプラント治療まで徹底解説

歯がグラグラする原因は?
知っておくべき対処法からインプラント治療まで徹底解説

歯がグラグラしてきた…。不安に感じている方へ

大人になって歯がグラグラしてしまうと、このまま進行すると歯が抜けてしまうのではないか、と不安を感じる方もいらっしゃるでしょう。歯がグラつく原因として歯周病が原因?と思われる方は多いと思いますが、本当にすべて歯周病が原因でしょうか。
歯がグラつく原因について挙げていきたいと思います。

歯がグラグラする原因にはどのようなものが?

原因①歯周病による歯のグラつき

歯周病で歯がグラついている場合、他に以下の症状に当てはまることが多いです。

  • 寝起きに歯肉に違和感がある
  • 歯肉の退縮を感じる
  • 歯磨きする際出血する
  • 体調によって歯肉が腫れている時がある
  • 最近口臭が気になる、指摘された

歯がグラつく以外にも歯周病に罹患すると上記の症状が当てはまります。歯周病検査は歯科医院にて行うことができます。

では、なぜ歯周病に罹患すると歯がグラつくのでしょうか。
歯周病の原因は、主に歯の表面に付着している食べた後などに歯の表面に付着している磨き残し(プラーク)と言われています。このプラークは主に細菌で構成されており、歯周病菌も含まれています。この細菌が歯周ポケットなどで増殖し、歯肉に炎症を起こしていくことで腫れが生じます。さらに進行すると、歯ぐきを支える骨まで細菌が溶かしていき、支えられている歯の土台(歯肉)が崩され歯がグラグラしてきます。歯がグラグラしてくるという事は、歯肉と歯根(歯の根っこ)の間に隙間(歯周ポケット)が生じていることが考えられます。そのまま放置しておくと、歯周ポケットにさらに細菌が付着し、歯周病を進行させます。気づいた時点で歯科医院に相談することをお勧めします。

原因②:生活習慣病による歯周病の加速による歯のグラつき

歯周病と生活習慣病について、大きな関わりがあります。
生活習慣病のひとつである糖尿病をお持ちの方では、歯周病が悪化しやすいと言われております。つまり、これまで歯周病に罹患していなかったとしても、歯周病に糖尿病を患った患者が罹患することで、歯周病の進行が通常より早く、気づいたら歯肉が落ち込み歯がグラグラするといった症状を体験することもあります。さらに、歯周病に罹患していると糖尿病の血糖値コントロールが難しいと言われており、糖尿病も進行しやすい状態にあります。

原因③:悪いかみ合わせによる歯のグラつき

歯のグラつきが気になり、歯科医院へ行ってレントゲンを撮影し、歯槽骨が下がっていた場合、歯周病と思いがちですが歯周病でない場合もあります。悪いかみ合わせ(咬合性外傷)によるものが挙げられます。咬合性外傷が生じると過度に歯に力がかかり、歯が動揺し歯槽骨が吸収されてしまいます。歯周病と見分けがつきづらいのですが、歯周病の場合は歯列全体に生じるのに対して、咬合性外傷の場合、歯槽骨の吸収は奥歯や前歯部等一部にとどまります。咬合性外傷の場合も、自然治癒はしないため歯科医院で診断して、適切な治療が必要となります。

歯がグラグラする場合の対処法

対処法①:歯科医院で歯周病の治療を

まずは、歯科医院で歯周病の進行具合を検査しましょう。歯周病検査は様々ありますが、主に以下の4つに分かれています。

  • プラークの付着具合:歯面、歯ぐき、ポケットのプラークの付着状況を検査
  • ポケット検査(プロービング)時の出血状況:プロービング時の出血の有無を検査
  • ポケットの深さ(プロービングデプス):1歯ごとのポケットの深さについて検査
  • 歯の動揺度:歯の動揺度レベルを0~4と設定し検査

これらの検査を1歯あたり4~6か所検査し、歯周病の重症度を検査します。上記の口腔内の検査以外にレントゲン撮影、生活習慣に関する問診を行い、最終的に歯周病が局所か広範囲か,また軽度・中等度・重度か重症度を診断します。

診断が終わり、治療に移行しますが歯周病はむし歯と違い、複数回治療に通わなければなりません。歯周病基本治療は、主にスケーリングとルートプレー二ング、ブラッシング指導に分かれます。

スケーリングとは、主にプラークの除去を専用の器具を用いて行うことを指します。スケーリングを行うことで磨き残しの垢をなくし、口腔内を清潔に保つことができます。磨き残しの垢をなくすことで歯石を予防することができます。歯石はブラッシングでは取れないため、次に消化するルートプレー二ングや歯医者が使用しているスケーラーという専用器材でなければ除去することができません。

次にルートプレー二ングですが、これは歯周ポケットの内部に溜まった歯石を除去していきます。ルートプレーニングで歯石などの汚染されたセメント質を除去して歯根の表面に対して、歯肉の付着を促し、かつ歯根表面をツルツルと滑らかな状態を保ちます。

さらに、これらの口腔内の環境改善と並行してブラッシング指導が行われます。これは、歯周病にならないブラッシング方法や生活習慣について指導を受けます。歯周病の進行具合によっては、ブラッシングだけでなく、歯と歯の隙間の汚れをデンタルフロスやタフトといった歯周病ケア専用グッツを用いてメンテナンスする必要があります。生活習慣では主に、喫煙は歯周病を悪化させる一つの因子となっているデータもあり、控えるよう指導されます。

スケーリングやルートプレー二ングの治療、ブラッシング指導を受け、歯周病の進行を食い止め口腔内環境の改善を行っていきます。治療経過中に口腔内環境や歯肉の状態を定期的に検査し、歯周病治療の経過を観察していきます。

上記は、軽症~中程度の歯周病の場合の治療となります。重症化し歯ぐきの退縮が著しい場合、歯周外科治療を用いる場合があります。歯周外科治療は歯周ポケット内をキレイに歯石を除去し、症状や患者さんの状態によって新しい組織や再生骨の埋入を行い、崩れた歯肉の修復を行っていきます。しかし、歯周外科を行うには患者さんの健康状態や喫煙コントロールが出来ているかなど、複数条件があります。

また、歯周病が進行し歯根の間に病変が出来てしまった(根分岐部病変)場合、抜歯をしなければならない場合があります。その場合、部位によっても異なりますが、ブリッジやインプラントの適応となります。ブリッジの場合、抜歯した歯の両隣が健在であれば、すぐにでも手術できますが、ブリッジした歯肉は咀嚼時に一切力がかからないため退縮傾向になります。一方、インプラントはインプラントの土台となる歯肉にある程度厚みが必要となるため、骨再生を行い、経過観察後にインプラントを行う場合があり、治療が長期化します。

歯周病は1度治り、歯のグラつきが解消されたとしても口腔内環境に関する習慣が変わらなければ再発することが多くあります。そのため、これらの歯周病治療が終わった後も定期的に歯科医院に通い、年に3~4回の定期メンテナンスに通うことをお勧めします。

対処法②:生活習慣の見直し

先ほど述べましたが、糖尿病に罹患していると、細菌に対する抗体機能低下・血管壁の変化や脆弱化・創傷治癒の減衰が起こります。そのため、細菌で構成されているプラークの付着が原因である、歯周病の進行が早まるといわれています。
食事や運動など血糖値のコントロールを行い、適切な生活を送ることで歯周病の進行も遅らせることができます。

また、歯周病治療も糖尿病のコントロール状態をあらわす糖化ヘモグロビンの改善があることがわかっています。歯周病治療、糖尿病のコントロールを同時に行うことで双方の治療に良好な結果が得られることが期待できます。

対処法③:かみ合わせの改善

以前、治療した歯に悩まされていませんか。

治療した歯で噛むと痛むから、反対側の奥歯でしか噛めていない。最近、治療した歯で食べ物を噛んだ際、違和感や痛みを感じる。そのような口腔内のトラブルを抱えている場合、かみ合わせが原因かもしれません。痛みがそこまで伴わない場合、見落としがちですが、自然に治るものではないため、放置したまま進行すると、噛みづらいために使っていない方の歯肉が退縮していく。歯を支える歯肉に負担がかかり、歯肉が退縮し、歯がグラグラするなどの症状も生じてしまいます。
かみ合わせの改善は、軽症であれば被せものの調整で済みますが、調整などではかみ合わせが改善されない場合、被せもの自体の作り直し、もしくはインプラント治療が選択肢となります。
インプラント治療は1歯単位での治療も可能ですが、複数歯に渡るブリッジや総入れ歯などでも対応可能です。見た目の審美性に優れていて、歯肉の退縮なども起こりづらいため、若々しく見えます。ブリッジ(隣の歯を削って被せものをする治療)と違い、残っている歯を削らずに治療ができるのもメリットです。この機会にインプラント治療で、ストレスなく、しっかり噛んで食べられる口腔環境を整えてみませんか。ワンデイスマイルではこれらのインプラント治療の手術にかかる通院回数を、最短で1-2日と少ない通院回数を心がけています。

対処法④:ぜひインプラント治療をおすすめします

インプラント治療は自分には難しいと思っていませんか。
お金や時間がかかる、難しい手術といったイメージをお持ちの方が多いと思います。インプラント治療は近年身近なものであり、これまでの高価で複雑ではなくなってきています。今回、口腔内に詰め物や被せものがあり、何らかのストレスをお持ちの方は、ぜひインプラント治療のメリットをご紹介したいと思います。インプラント治療は直接歯肉に人工歯根を埋め込みます。そのため、歯肉の筋肉を使って噛むことができるため、入れ歯や部分入れ歯と比較すると、歯肉の落ち込みを気にすることがありません。また、ブリッジ(隣の歯を削って被せものをする治療)と違い、健康な歯を削ることなく治療をすることができます。見た目もセラミックなどを使用することで自然な白さを取り戻すことが出来るため、より笑顔に自信が持てます。
メンテナンスも歯科医院での定期メンテナンスを行うだけなので、入れ歯のように毎日外してメンテナンスをする必要はありません。
ワンデイスマイルでは患者様ごとの希望をお伺いした上で治療内容を決定し、金額をご提示し、ご納得いただいた上で治療を進めてまいります。手術自体の通院回数は最短1-2回と出来るだけ少ない通院で治療を完結できるよう心がけております。まずは1度、インプラント治療を試してみませんか。

▼インプラント治療が気になる方は「ワンデイスマイル インプラント総合クリニック」まで
設立24年 埋入本数30,000本・年間2300本と信頼のクリニックです

https://1daysmile.jp/

定期的な歯科医院での検診の受診を

歯周病はサイレントディジーズ(Silent Disease:静かなる病気)とも表現され、その名の通り自覚症状がほとんどなく、静かに進行していきます。自覚症状で歯がグラグラする、歯肉腫れて血が出る、など少しでも口腔内に不安を感じた場合、歯科医院にてまずは歯周病検査を行いましょう。そうすることで重症化を防ぎ、抜歯などの事態を回避することができます。

top

Copyright One Day Smile Implant Clinic All Rights Reserved.